大崎の歴史

現在の大崎二丁目・大崎三丁目に相当する地域は目黒川を望む高台であり、古くから栄えていたと考えられている。西品川三丁目付近を含むこれらの地域は居木橋遺跡と呼ばれ、縄文時代の土器や貝塚などが出土している。

室町時代には、品川宿から多摩地域への街道のため、目黒川に居木橋(いるきばし)がかけられた。現在の居木神社周辺に集落が形成されている。

大崎という地名が現れたのは江戸時代という説が有力である。地名は秩父から続く尾崎であることに由来し、これが転訛して大崎となったとする説、および過去に大きな崎(岬)として東京湾に突き出ていたためとする説が知られている。ただし当時大崎と呼ばれていた地域は、現在のJR目黒駅近辺(上大崎村)から五反田駅北側(下大崎村)にかけてである。

1889年(明治22年)の市制町村制施行により、荏原郡上大崎村、下大崎村、桐ヶ谷村(現西五反田四丁目から七丁目付近)、谷山村(現西五反田三丁目から二丁目、大崎四丁目付近)、居木橋村(現大崎一丁目から三丁目付近)が合併して、大崎村ができた。1901年(明治34年)大崎駅が開業。1908年(明治41年)に町制施行で大崎町になる。1932年(昭和7年)に東京市に編入され、旧品川町、旧大井町の区域と共に品川区になる。旧大崎町の区域は上大崎、下大崎、五反田、大崎本町、西大崎、東大崎などの町名となった。1967年(昭和42年)に住居表示が実施され、大崎駅周辺の東大崎の区域が大崎一 – 五丁目となり、上大崎以外の町名は西五反田と東五反田と再編された。

大崎駅周辺の大崎地域は、山手線沿線としては比較的地味な存在であった。しかし1980年代に入るとフジテレビ本社の移転候補地の一つとして名前が挙がるなど、徐々にではあるが注目されるようになっていった。そして1980年代後半より事業が始まった大崎駅東口地区の再開発によって、大崎ニューシティ、ゲートシティ大崎などの複合施設が相次いで開業し、東京副都心の1つとしてにわかに脚光を浴びるようになった。さらに埼京線乗り入れ、東京臨海高速鉄道りんかい線開通、湘南新宿ラインの運行開始などにより、品川と並ぶ山手線南端の交通結節点となった。

現在、大崎駅西口最後の再開発が進行しており、2007年10月には明電舎跡地にThinkPark(地上30階)がオープンし、2011年7月には、ソニー旧大崎西テクノロジーセンター跡地にNBF大崎ビル(旧:ソニーシティ大崎・地上25階)がオープンした。また、2014年1月には大崎西口地区最後となる大崎ウィズシティ(地上24階)竣工し、10月には大崎西口公園が開園、そして残る交通広場には2015年12月に大崎駅西口バスターミナルが整備された。

参照サイト

0